ニキビの原因は菌にある?

ニキビの原因はアクネ菌という菌です。
でも、アクネ菌が発生するまでには、いくつかの段階があります。
毛穴の出口はとても狭いです。
だから、毛穴の角質が厚くなると、すぐに、毛穴の出口がふさがれてしまうのです。
毛穴の出口が皮脂が詰まった状態をコメドと言います。
オープンコメドとクローズコメドがあります。
黒ニキビとも言われています。
アクネ菌が増殖すると、炎症を引き起こしてしまいます。
炎症になると、赤くなるので、赤ニキビとも呼ばれます。
アクネ菌と白血球の一部がぶつかることにより、毛穴の壁が壊れてしまい、毛穴付近に痛みを伴う炎症がひきおこされる場合があります。
炎症が治まると、痛みは治まりますが、痕が残ってしまうことがあります。
思春期のニキビケアとは?