介護業界求人状況ってどうよ?

一口に介護業界と言ってもひじょうに職種が多く、例えば一日中デスクワークで終わるような職種もあれば、それこそ介護の最前線で高齢者や障害者の食事や排泄、入浴や移動などの面倒をみたりする、肉体労働を専門とする職種もあります。
在宅の場合は、居宅介護支援事業所の指示を受けたケアマネージャーが介護の計画をたてた後、要介護者の自宅でホームヘルパーなどの訪問介護のスタッフが、介護やリハビリテーションなどを行います。
一方、施設の場合は最も代表的なものとして特別養護老人ホームなどがありますが、この他にも要介護度などによっていくつかの種類があります。
こうした介護業界の世界は現在最も人材が不足している業界であると断言しても良いでしょう。
そしてまた1人でも多くの人がこのような介護の重要性に気付いて、参加してくれることを待っているのです。
介護福祉士通信講座比較ランキングまとめ【合格するコツとは?】